前へ
次へ

販売をしている店と買取専門店の違い

不用品を持ち込む店としてリサイクルショップがあります。
少し古いタイプだと質屋などもあります。
これらのお店は買い取った商品を販売をして利益を得ようとします。
できるだけ安く買い取ってそれを高く売ればそれだけ利益も上がります。
一方で最近は買取はするがその店で販売をしない店も出てきています。
買取専門店と言われる店で、自動車などでも多く見られるようになりました。
自動車の買取専門店は買い取った車をオークションで販売して利益を得ます。
在庫を持たずすぐに販売したお金が得られるので自社で売るよりも商品やお金の流れがスムーズです。
そのために高く買い取ってくれるところも多いです。
自社で販売しようとするといろいろなリスクがあるために、それを見越して仕入れ額つまりは買取額を下げざるをえません。
でもオークションなどで売却するなら少しの利益でもたくさん売ればどんどん利益が得られます。
自動車以外でも日用品もネットオークションを通して売却する買取専門店などが出てきています。

Page Top